全国の民主商工会(民商)は、開業や資金調達、記帳や決算など、仲間同士で助け合いながら、商売をサポートしています。

「初めての商売で抱えていた不安が解消された」「いろいろ学んで商売を伸ばしたい」と喜ぶ新会員の仲間のこえを紹介します。

「決算」パソコン記帳に挑戦

広島・三原民商では、法人でも個人でも仲間同士で教え合い、自主計算活動を進めています。

今年の5月に入会した「Segundo Mesana合同会社」(セグンドメサナ)のNさん(41歳・造船関連)も、一緒に学んでいる一人。

2月に会社を設立し、10月の初めての決算に向け、民商の仲間と一緒に自主計算活動を進めてきました。

決算パソコン記帳に挑戦
決算パソコン記帳に挑戦

商売伸ばす力に

兵庫県に住んでいる姉から、「商売を始めたら民商がいいよ。いろいろ教えてもらえるよ」と紹介されました。

早速、事務所を訪問し、入会すると、「労働保険の手続きや経営相談をはじめ、なんでも相談できる!」と喜んでいます。

決算に向け、初めてのパソコン記帳にも挑戦しました「自宅で入力を始めたが、わからないことも多く、教えてもらいたい」と事務所を訪れ、通帳の入出金の入力、外注への支払いの管理などを学習。

「何事も自分でやってみて、分からないことを聞くことが大事」と実感しました。

確定申告期には、多くの会員が事務所を訪れることを知り、「人に教えられるようになれば自分もレベルアップできる。

手伝えることがあれば、ぜひ」と前向きです。

決算の準備や記帳を始める前までは、できるかどうか不安があったというNさん。

「挑戦してみると”自分にもできる!”と安心が生まれました。これからも仲間の皆さんに教えてもらいながら決算を頑張り、商売も伸ばせて行けたら」と笑顔で話しています。

記事:全国商工新聞11月11日(第3385号)より