大阪府の受動喫煙防止対策

大阪府の受動喫煙防止対策

来年4月より「改正健康増進法」が施行され、いわゆる「たばこ規制」が強化されます。

事業者は、喫煙室を設置するなど分煙対策が義務化され(設置の補助金あり)、指導に従わないと罰則をうけます。

客室100㎡以下の飲食店は、経過措置として「店内全面喫煙」にできますが、20歳未満は入店禁止に。

また、4月以降の新規店は対象外で、大阪府条例によって2025年4月からは30㎡以下にしぼられます。

受動喫煙の防止は世界的な流れですが、それぞれ事業者の経営実態を無視したり、喫煙者の憩いの場所を一方的に奪うことは許されません。

たばこ規制にいかに対応するか、集まって学びみんなで相談し合うことが大切です。

大商連に府職員をまねき制度の学習・相談会を行いますので、料飲業者などの会員を中心にご参加をお願いします。

大阪府の受動喫煙防止対策

大阪府の受動喫煙防止対策標識

 

日時:2020年1月21日(火)午後13:30~

会場:大商連(大阪商工団体連合会)3F

内容(予定)

  • たばこ規制の説明・質疑応答
  • 経営交流、対応の相談
  • 運動の提起等

※府担当職員より説明。経営の実情もぶつけましょう※