婦人部

おいでよ、民商婦人へ

「人間らしく生きたいから業者婦人の地位向上を!」
民商婦人部は、女性事業主や家族従業者(業者婦人)の思いや悩みを共有できる女性の集まりです。


「消費税の支払いで頭が痛い・・・」「子育て・介護との両立が大変・・・」「国保料や医療費が心配」 「パソコンや会計・記帳・帳簿付けが詳しくなりたい」などの悩みや要求を、仲間と力をあわせて解決し、 スキルアップにも挑戦しています。

困難で厳しい時代だからこそ、女性として自分に磨きをかけ、いつまでも「元気で」「美しく」「みずみずしく」ありたいもの。
仲間と一緒に力を合わせることが一番のパワーです。

民商婦人部って?

民商会員の女性事業主や会員の家族従業者が集まって話し合い、学習や要求実現の行動、レクレーションなど多彩に活動しています。
3年ごとに「全国業者婦人の実態調査」を行い、営業とくらしの実態を国や自治体に持ち込むアクションもおこしています。

業者婦人の地位向上って?

あなたが毎日働いてる、その働き分(自家労賃)をお金で取る事ができますか?
日本の税制度は「配偶者とその親族が事業に従事したとき、対価の支払は必要経費に算入しない」 (所得税法56条)としているので、いくらはたらいても経費に認められません。 そのため社会保障も劣悪、工賃単価も低く抑えられています。時代遅れの「人権感覚」「憲法違反」だと想いませんか?
私たちは結成以来、「きちんとした労働を評価して欲しい」と320万をこえる署名を国会へ提出しています。

全商連婦人部協議会(全婦協)って?

全婦協は全国のさまざまな要求をまとめて活動しています。1974年に結成され30年を迎えました。

<全婦協結成三つの意義>
○切実な要求実現のため、業者婦人の社会的・経済的地位向上のために大きな役割を果たす
○民商・全商連運動の大きな力となり多面的な活動で民商・全商連運動の質・量を高める活動をする
○全ての女性を励まし、政治を革新し、平和で豊かな日本をつくるため国民の力を強めている