一人親方労災保険特別加入は民商へ

1日95円で大きな安心
※希望日当3,500円の場合(保険料+事務組合費)÷月25日で計算※

Q、一人親方労災に加入しないと?

A、労働災害で病気・ケガをした場合

健康保険は適用されず、治療・入院費の全額を自己負担することになります。

下請け現場での病気・ケガの場合、一人親方・事業主は元請会社の労災保険を適用することはできません。

Q、一人親方労災に加入すると?

A、労働災害で病気・ケガをした場合

必要な治療を無料で受けることが出来ます。
働くことが出来ない期間が4日以上の場合、4日目から給付基礎日額(希望日当)の80%が、休業補償として支給されます。
※給付基礎日額1万円の場合、1日8千円支給※

1年半が経過しても治癒しなかった場合、障害が残った場合、死亡した場合など、国の規程によって、年金や一時金が支給されます。
※死亡した場合、一時金として300万円と、給付基礎日額により年金が支給されます※